今回は前々回採ったレッドストーンを使って行きます!
前回したこと
  1. 倉庫を作る。
  2. 植林場作り。
の二つをしました。 で今回はいよいよ、またはやっとレッドストーン回路を組んで生きたおと思います。 今回すること
  1. 全自動かまどの縮小版を作る。
  2. ごみ箱を作る
    というのは全自動かまどはふつう5段要りますが、 2015-11-07_23.15.41 <↑通常> 今回は3段で作ります。 まず一番上にチェストを置きます。 2015-11-07_23.00.47 その下にホッパーという道具を置きます。 ※ホッパー:アイテムをコンテナーに搬入出する為のブロックである。設置されると、出力側はクリックしたブロックに接続される。アイテムがその上に落ちてくると、自身の内部インベントリーの5つのアイテムスロットに格納される。(minecraftwikiより)     2015-11-07_23.17.51 その下にはメインのかまどをそしてドロッパーを置きます。 2015-11-07_23.41.37 と、ここで回路が出てきました! この回路はクロック回路といいます。 ※クロック回路:クロックとは、論理回路が動作する時に、複数の回路のタイミングを取る(同期を取る)ために使用される周期的な信号。 周期的にON/OFFを繰り返して出力する。 ・・・よくわからんという方へ・・・ 簡単に言うと信号をついたり消えたり連続でする回路♪です! これによってかまどからホッパーに入ってそのあとドロッパーから上に上がっていきます。で、最後に、チェストを置いて終わりです。 図でいうとこんな感じ ━━━━━━━━━━━━━━━━━屋根━━━━━━━━━━━━━━━━ チェスト ↓ ホッパー   チェスト ↓       ↑ かまど     ドロッパー  ━━━━地面━━━━━━━━━━━━━ ↓       ↑ ホッパー →  ドロッパー 写真だとこんな感じ 2015-11-08_09.34.38 わかりますか? ちなみのクロック回路の作り方はこんな感じです。 2015-11-08_09.32.55 わかりにくいと思うので、wikiの写真を拝借 mc_rs_clock1 minecraft japan wiki より レッドストーンコンパレーターという道具を使えばもっと簡単に作れますが・・・ないので 完成品はこんな感じです。 2015-11-08_09.34.33 どうでしょう きれいに収まりました。 <1番上があいているのはチェストを開けるようにするためです。すっかり忘れていました> なので結局地上面2段です。 ついでなのでごみ箱も同じ回路を使って作ります。といっても画像がないので仕組みは ホッパ―で何もない空間に物を落としていくだけという簡単な仕組みです。 図では チェスト ↓       ━━━━━━━地面━━━━━━━━━━━━━   ホッパー ↓ ドロッパー 空白 空白 空白 という感じです。 2015-11-08_09.48.42 見た目はただのチェストです。 便利です。あとはレバーで動かせますと今回はここまでです。 次回は整地をします。お楽しみに 前回もぜひご覧ください!